いちげき。一撃伝説、最終章。そして伝説へ、篇。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
qrcode
K-1 WGP組み合わせ抽選会ライブ中継・・・と、K-1 MAX FINAL16 00:06


ってことで、WGP決勝の組み合わせ抽選会を

ネットライブで観た。

格闘技関係のネットでのライブは確か初めてなので、

なんか新鮮な感じ。

予定時間になってもなかなか始まらず・・・ドキドキした。

画像クリックで、別窓で拡大します



そして、

抽選会、これは自分的にすごく面白かった♪

実はこの組み合わせ抽選会、実際のトーナメントと

もしかしたら同じくらい重要な意味をもつかも、にも関わらず

選手たちがめちゃめちゃリラックスしてて・・

そのギャップが自分的に面白い、と思ったのだ。

あっ、京太郎一人だけがヤケに緊張してるように見えたけど(笑)

 画像クリックで、別窓で拡大します




さて、抽選は

1番を引いたグーカン・サキに、

2番を引いたギタが、迷わずサキとの対戦を選ぶ。

 画像クリックで、別窓で拡大します

実は、決勝で観たかったカードなんだけど。。。

ギタの性格上、違うところを選ぶ=グーカン・サキから逃げた、

と思われるのがイヤだったのかも?


にしてもこの2人のローキック対決?

いったいどうなるんだろう。




続いて、3番を引いたピーター・アーツのあと、

4番のマイティ・モーがアーツとの対戦を選ぶ。

 画像クリックで、別窓で拡大します

アーツに以前KO負けしているマイティ・モー・・

リベンジしたいんだろうなあ。

あっ、8人の中で、盛り上げ役としてマイティ・モーが

一番目立っていた。やっぱり貴重な存在(笑)




そして、5番を引いたのが王者・セーム・シュルト。

その後、6番を引いたタイロン・スポーンが

シュルトを避け、空いたブロックに。

これは体格的に、仕方のないところだろう。

あっ関係ないけど、タイロン・スポーンって誰かに似てるなと思ったら

麒麟の川島(@いい声)に似てる〜?

 画像クリックで、別窓で拡大します



7番を引いたのが、アリスター・オーフレイム!!

シュルトを選ぶのか、スポーンを選ぶのか・・

超ドキドキした。


シュルトを選ぶかと思ったオーフレイム、

シュルトを避けてスポーンとの対戦を選んだ!

 画像クリックで、別窓で拡大します

これで、シュルトVS京太郎が決定。

 画像クリックで、別窓で拡大します

組み合わせを見ると・・・

 画像クリックで、別窓で拡大します

シュルトのV5の可能性がぐっと高くなった。

アリスターがシュルトを選ばなかったのが

大きな“鍵”となりそうな

そんな予感の抽選会であった。

そして、京太郎は明らかに、シュルトとの対戦が決まって

落ち込んでいた。

気持ちだけは負けないで欲しいけど(笑)




 ☆ ☆ ☆




ってことで、今更だけど

K-1 MAX FINAL16の中で

4試合・・・

ドラゴ VS イ・スファン、キシェンコ VS モハメド・カマル

ザンビディス VS シャヒッド、ペトロシアン VS ウルコフ

を観た。

中には結果知っている試合もあったけど・・・

以下はその簡単な感想。
















■ ドラゴ VS イ・スファン


オーソドックスのドラゴに、

サウスポースタイルで左のローキックが、凄く効果的で

イ・スファンにも勝機があるかと思った。


蹴りの距離で戦いたいイ・スファンに

臆せず距離を詰めたドラゴ。

そして右ハイキックが見えてないな、と見切ったか

最後は衝撃の右ハイ。

イ・スファンが担架で運ばれる衝撃のKOだった。







■ アルトゥール・キシェンコ VS モハメド・カマル


1Rこそもたもたしていたものの、

2Rはキシェンコペース。

2Rでポイントを取ったと確信したのか、3Rは流しているように見えた。

3Rが終わって難なくキシェンコが判定勝ち

・・・・・・・・・・・・と思ったら、

判定はなんと3−0でカマル。

これはビックリした、、。

何これと思って公式サイト見たら、やっぱりキシェンコも不満のコメント。

ってかいつカマルがポイント獲ったのか全然気付かなかった。





■ マイク・ザンビディス VS シャヒッド


“衝撃のビスタチオ”ザンビディスの試合、久々に見た。

実はこの試合(とペトロシアンの試合)だけ結果知ってしまっていて、

ザンビディス勝てたんだ〜、と少し驚いた。

もしかして、戦い方が以前の単調な戦い方から変わったのかな、と

思って動画観たけど、あんまり変わってなかった(笑)

彼こそ、もっと違うトレーナーに試合運びを教わったほうが

良いのではないだろうか。

でも延長Rで、KOではないもののスッキリしたダウンを奪って勝ち。

良かった♪





■ ジョルジオ・ペトロシアン VS ヴィタリ・ウルコフ


この試合も結果知ってしまっていて、

「余裕の勝利」と書かれていたので、

てっきりKOか、圧倒的な判定勝ちだと思ったのに・・。

1Rは正直言って、実力に差があるとは思えない内容だった。

2〜3Rはさすがに、少し押しているとは思ったけど

ペトロシアン、あんまり調子よく無かったのかな?

それでも相手の攻撃をほとんど受けないディフェンス力は

やっぱりさすがと言うべきだろうか。





・・・・ってことで、MAXの抽選会のほうは、試合の動画観る前だったので

あえて見なかった。けど

自演乙VSザンビディス・・

日本のファンは「ラッキー!」と思ってるかもだけど

自演乙が、ザンビに倒されたKIDのように・・・

あるいはクラウス戦のときの自演乙ように

マットに沈む可能性も・・・無くはない。

面白い試合になるのでは、と期待する。

カードは・・・

サワー、ブアカーオが居ないだけでこんなに

寂しいのか・・という感じ。

やっぱりキシェンコに上がって欲しかったなあ。
| K-1 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by いちげき
Comment








ふたたびレポ乙です。

京太郎\(^O^)/オワタ!
キシェンコやっちまったな・・・

以上が率直な感想です(笑)
posted by orfe | 2010/10/05 8:35 AM |
 
■ orfe 様

ありがとうございます(笑)

自分はシュルトのファンなので、

ホッとした半面、まさかのことが起きないかと

若干心配です(笑)

そんなことになったら、K-1が崩壊しちゃいますからね。

キシェンコは、正式に抗議すると言っていたけど

どうなるんだろうなあ。。
posted by いちげき | 2010/10/06 12:06 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ichigeki.link.pepper.jp/trackback/1262062
<< NEW | TOP | OLD>>