いちげき。一撃伝説、最終章。そして伝説へ、篇。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
qrcode
レナルド・ローガン 11:49

昨日のドライブの共は・・

ヴェルディ:レクイエム。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル。




ヴェルディのレクイエムに関しては・・

そんなに多くの方の演奏を聴いたわけではないけど

その中では、

カラヤンさん指揮の演奏が、一番荘厳な

宗教的な響きが感じられると思う。




フォーレのレクイエムのように癒される、というわけではないけど

極めて美しく、厳かな気持ちになれる。

それと、客観的に見て

シトロエンの中で流れるヴェルレク・・

って、

なんか格調高いな・・

ってふと思った。でも

実際は、小さな車で、坊主のおっさんが運転してるので

どーってことないんだけど(笑)





 ☆ ☆ ☆




このところの、一気に襲ってきた視力の低下。

どうやら、

遠視が原因だったらしい。

いわゆる老眼。(笑)

若い時極端に視力がいい人は、

比較的早く老眼になる人が多いらしい。

なる、ならないではなくて

進行が早い、遅いの違いなんだろうけど。

・・にしても、早過ぎではないのか(笑)

白内障とかも不安なので

近々眼科で診察してもらおうかな。




 ☆ ☆ ☆




ってことで、ちょっとだけ更新が空いてしまった。

その間、ずーっと

瀬戸内寂聴さんの言葉の数々を自分なりに

考えていた。


・・宗教にはまった、というわけでは無い。(笑)

でも寂聴先生によると、宗教に頼っていない、

無宗教だと言い切れる人は、

今まで宗教に頼らざるを得ないほどの苦労をしたことのない人、

なのだそうだ。

確かにそうかもしれない。

自分自身の孤独、苦しみで宗教に頼る、ということは

自分にはあり得ない。

けどもし、

例えば自分の大切な人が不治の病、とか、怪我などで

生死の境にいる、とかなったら・・・

もしかしたら、宗教に頼ってしまうのかな・・・。




それと、自分は何をしたらいいのかな。

寂聴さんはこないだの震災の後、

「今後の人生は、反原発運動に身を投じます」

と宣言されていたようだ。

湾岸戦争の際には、反戦を訴え

断食・・いわゆるハンガーストライキを、

一週間続けたとか。。


寂聴先生ほどの存在感・・・存在力のある方が

反原発運動をされるとなると、

原発推進の(某都知事をはじめとする)利権派の方の、

自分個人の利益を守る為なら何でもする、という

激しい妨害に遭うことは、間違いない。

そのリスクを冒してでも、ご自身の

信念を貫こうという姿勢。


・・・自分は、湾岸戦争のとき何をしていただろう?

今回の原発事故でも、

こんなとこ(?)で愚痴っていただけではないのか。






で、寂聴先生の言葉について。

煩悩・・・不要な欲が無くなれば、

苦しみや鬱から解放されるだろうか?






今まで自分は無宗教だけど、

キリスト教に関する本や、

キリスト教の方が書いた本は

(マーティン・ルーサー・キング牧師の本をはじめとして)

いっぱい読んだけど、

仏教に関する本は読んだことがなかった。


寂聴先生は、キリスト教や他宗教のことも興味を持たれており、

ちゃんと勉強しているので

仏教に偏ったお考えではないので、自分のようなものには

読みやすい。




慈悲。み心。

ずーっと考えたり、実践したりしようとしたけど、

わからない。

ただ、ここ2、3日は眠れているので、

良くなっているのだと思う。




ただ、このブログにいろんなことを書くのは、

自分にとっては、「逃げ」なような気がしてきた。

苦しすぎたり、楽しすぎたりして

吐き出さないでいられない、という時以外は

書かないようにしようかな・・・

なんて今は考えているので、

しばらくはあんまり

更新しないかもしれません。


・・とりあえず今は、

そんな感じで。



| 瀬戸内寂聴さん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いちげき
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ichigeki.link.pepper.jp/trackback/1262216
<< NEW | TOP | OLD>>