いちげき。一撃伝説、最終章。そして伝説へ、篇。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
qrcode
1年。 23:24


とうとう1年が経過してしまったかという感じだ。

奇しくも?今日は、車での出勤だった。


浦安の、357から葛西橋通りに分岐する短いバイパス。

そこに、あの大震災の爪痕の、亀裂が一本残っていて

通過するたびにC3タンが悲鳴を上げる。


いつ、亀裂を直してくれるんだろう、と通るたびに思い、

そのたびに、「もう○か月たつのに」と時間を意識させられた。

そしてついに今日1年を経過してしまった。

でもまだ、亀裂はあのときのままだ。



おそらく、車一台しか通れない抜け道で迂回するのが大変だから

通行を止めて改修工事することがなかなか出来ないのだろうな、とは思うけど・・。

毎週通るたびに震災を思い出さざるを得ない、そんな亀裂である。




震災の瞬間は、なんとも強運なことに休日で自宅でくつろいでいた時だった。

翌日、早朝車で出て、被災地のひとつとなった浦安を通ったけど、

その時は浦安がそんな被害を受けているとは全然知らず・・

車で通った限りでは、全然被災しているという印象は無かった。

おそらく、市街地ではなく海沿いのほうが大きなダメージを受けていたのだろう・・。



阪神の震災を経験された方から、大きな地震の時はすぐにガソリンを入れたほうがいい、と

いう忠告を受けていたので、自分は運よくすぐに満タンに給油することができた。

けど、その忠告のとおり、その後まったくガソリンスタンドが機能しなくなり

しばらく給油することが出来なくなった。。。

かなり日にちを経過してから、自分でセルフでガソリンを入れることが出来た時

本当に感激したのを、よく覚えている。

あれ以来、いつ何があってもいいように

毎回ほとんど、車を動かすたびにガソリン減ってなくても

給油を欠かさないように、という習慣になってしまった。




1年・・・

いろんなことが、

もちろん多くの人が努力することによって立ち直る種類のこともあるけど、

その一方で、

時間がなによりの癒しになることがある。

そういう意味で、

やっと一年経ったのかあ、という

感慨がある。




自分はというと、

一番精神的にもキツかった時期に飛び込んできた

石原慎太郎の「天罰」発言。

その時のやり場のない怒りや、

その発言に対してと同じくらい、

報復を恐れてそれを糾弾しないマスコミや公安のだらしなさ、

同じく報復を恐れて、告訴さえしない被災地のお偉いさんの意気地のなさに怒りを覚えた。

でも今思うと、当時の怒りのエネルギーも、自分の生きる力に

なっていたのだなあ、とつくづく思う。

そして、バーンスタイン師から力をもらい、

チョン・キョンファから癒しをもらって、やっと1年生きられた。




節目となる今日、(今のところは)何事もなく過ぎた。

これからも、当たり前の毎日が続いていくのだとは思うけど、

被災した方や避難している方は、まだそんな悠長なことが言える状況じゃないだろう。

みんなが幸せを取り戻して、

風化させないためにも忘れないようにしよう、と

笑って言える日が来るといいな、と心から思う。


| 東北関東大震災 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いちげき
合言葉。 17:17


「人生、楽しんでますか?」


最近ゲットした2つのもので、人生が変わった(笑)

ひとつは、ブログでも書いた、スマートフォン。

今日は外出中、スマートフォンでマーラーを聴いていた。

スマートフォンでマーラーを聴く男・・・(笑)

音楽生活がスマホで変わるとは、正直思っていなかった。





もうひとつは、こないだ買った、圧力鍋。

さっき白玉ぜんざいを作って、

 画像クリックで、別窓で拡大します。

そのあと、イカ大根を作った。

 画像クリックで、別窓で拡大します。

やばいくらい美味い。。。



もしかしたら、自分の天職は料理人だったのではないだろうか?(爆)

なんか料理のときだけやけに手際いいし・・。

にしても、

やばい酒が進み過ぎる。。


| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いちげき
一発変換。 17:47
 


自分のツイッターのホーム。

画像クリックで、別窓で拡大します。

ステイシー・モンローのと、自分のが並んでいて、

ちょっと不思議な感覚。

こういうのが、ツイッターの特徴なのかなと思う。

でも、これで距離が縮まった、と勘違いしてしまう人がいるのかもしれないな。

実際には、距離はまったくそのままで、千葉とロンドンのままなのに(笑)

自分も、気を付けなければなと思う。


 ☆ ☆ ☆


一発変換シリーズ。

【ミルマスカラス】

見る増す烏

意:カラスの増殖がハンパないことのたとえ。

目で見ているあいだにも増えていくさま。


【きゅうきょくのちぇりすと】

九曲のチェリスト

意;レパートリが9曲程度しかないチェリスト、の意味。



| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いちげき
Go , one. 11:58
 
続きを読む >>
| K-1 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いちげき
人物図鑑 09:15



ヴァレンタイン・オーフレイム



ヴァレンタイン・オーフレイム(Valentijn Overeem、男性、1976年8月17日 - )は、

オランダの総合格闘家。ユトレヒト州アメルスフォールト出身。

ゴールデン・グローリー所属。

総合格闘家・キックボクサーのアリスター・オーフレイムは実弟。



15歳からキックボクシングを始め、クリス・ドールマンの下でグラウンド・テクニッ

クを習得した。

日本やオランダのリングスに数多く出場。リングス KING OF KINGS 1999初戦でアント

ニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、V1アームロックで一本負けを喫した。

翌年のリングス KING OF KINGS 2000では、スレン・バラチンスキー、レナート・ババ

ル、山本宜久、ランディ・クートゥアの全てからKOまたは一本勝ちし、決勝進出を決めた。

決勝戦で因縁のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対決するが、1ラウンド1分20秒で

肩固めにより敗退。

その後、PRIDE等に出場するも、2年間で11戦2勝と戦績は振るわなかった。

2003年12月12日、クロアチアで開かれた総合格闘技大会トーナメント「DF - Durata

World Grand Prix 3」では全試合一本勝ちで優勝を果たした。

2005年3月26日、HERO'Sで大山峻護と対戦、アンクルホールドで一本負けを喫した。

2005年6月12日、オランダで行われたIt's Showtimeでギルバート・アイブルと対戦、

腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2008年8月24日、戦極初参戦となった戦極 〜第四陣〜で高橋和生と対戦し、右跳び膝

蹴りでKO勝ちを収めた。

2011年2月12日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Fedor vs. Silvaの

Strikeforce World Grand Prix リザーブマッチでレイ・セフォーと対戦し、

ネッククランクによる一本勝ちを収めた。



エピソード

2001年12月23日に行われた「PRIDE.18」でイゴール・ボブチャンチンとレスリングシ

ューズを履いた状態で対戦し、ヒ

ールホールドで一本負けを喫したことについて、試合後インタビューで「次回からは

シューズを履かないようにする。絶対もうシューズは

履かない」と語っていたが、1年後の「PRIDE.24」に参戦した際にはレスリングシュー

ズを履いていた。さらに、2005年3月の

「HERO'S」旗揚げ興行に参戦した際にもレスリングシューズを履いており、それが災

いし、大山峻護にアンクルホールドで一本負けを喫している。




(ウィキペディアより転載。)
| 総合格闘技 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by いちげき
<< | 2/242 | >>